Webと自転車のはざまで

自転車と仕事を愛する男、mattaの日記のようなものです。

5:30起床 富山マラソン下見ドライブ

f:id:cyclist_matta:20170719160724j:image

今日は、久しぶりに女房殿と休日が合って県内の海の日にちなんだイベントに参加する予定であったが、都合が悪くなってDNS。ならばと、富山マラソンの下見に出かけることにした。というのも、金沢マラソン落選難民の救済に追加募集をかけてくれた富山マラソンの抽選に、2倍の難関をくぐって女房殿が引っかかったためだ。

途中、小矢部のアウトレットモールによる。さすが、連休最後の祝日とあって結構な人出。夏用のハーフパンツのバーゲン品を購入。痩せているとお買い得品が手に入ってうれしいね。富山マラソンの下見はスタートの高岡からスタート。ルートラボに入っているコースをたどって下見することにする。ルートラボのwebアプリは追随性が悪くて若干ラグがあって、曲がるタイミングを何度も逸することになった。

スタート数キロは高岡の隘路の旧市街地をめぐる。これは渋滞するかもしれないが、初め飛ばして足を使う人が多いから、これはこれで良しでしょう。ほどなく、幅の広い通りに出て庄川を河口に向かう。暑いので海王丸パークで休憩。今日は海の日のためか海王丸は白い帆をいっぱいに下げてくれていた。総帆展帆(そうはんてんぱん)というらしいが、年に10度ぐらいの催し。もちろん、富山マラソンにも対応するらしい。

初めての新湊大橋のその高さに少々怖気づく。高所恐怖ではないが、したに海があると急に足がすくむ私には富山マラソンは無理かもしれない。30㎞近くのランナーにとっての踏ん張りどころは田園地帯。もし、お天気がよければ雄大な初雪を被った立山連峰が励みになるだろう。終盤何度も折り返しのある金沢マラソンとは異なり、ほぼ一直線に富山市街地に向かうので富山地元のランナーはぐっとくるところ。応援のピークにゴールできるのは至福の喜びだろう。

ゴールのカナルパーク周辺に新しく美術館が部分オープンしていた。8月に正式にオープンするらしい。なぜか金沢の老舗の麩屋さんが入居している富山市立図書館で休憩。同居しているガラス美術館の館外展示も覗いてみた。また、ひっきりなしに走る空席の目立つ路面電車に目を移す。富山市内はアウトレットの賑わいに比べると少々閑散とした感があるが、よいインフラがあるのだから金沢同様にぎわってほしいものだ。夕飯は帰ってから近所のぶーちゃんで焼肉。炭火で焼けてとても美味しいね。

関連ランキング:焼肉 | 野町駅

5:30起床 久しぶりの夕霧峠

f:id:cyclist_matta:20170709205333j:image

さっと起きて、フルーツだけ作って出かける準備をする。今日は、ご近所さんになったS部長に朝練に誘われている。自宅前まで迎えにきてもらって、女房殿に見送ってもらって夕霧方面へ向かう。S部長の杜の里イオンに向かう定番コースなのだそうだけど、浅野川犀川に囲まれた河岸段丘を横断するコースは様々なんだなあ。途中、私が生まれ育った界隈を通り過ぎる。

 

S部長は少々体調に留意すべきことがあるそうで抑え気味。私は、普段自転車通勤しているし、昨日はのんびりジテ通しただけなので、今日はガツンと行くつもりだったけど足が重い。やはり週に1度ぐらいは乗らない日があってもいいのかな。S部長のリクエストで俵からは上がらず、田の島経由で医王山系に取り付く。どうもシッティングでうまく回せない。シッティングは緩斜面だけにしてあとはダンシングで踏んでインターバル気味で。S部長は抑え気味だったけど、そんなに差はなく夕霧峠に到着。結構な汗だが、まだ冷たい朝空気ですぐに汗は引いた。

 

S部長はここでお別れ、犀鶴林道の土砂崩れ箇所のパトロールに向かうそうだ。私は仕事場に行きたいのでこれまた久しぶりの百万石道路で福光に向かう。一人グイグイ踏み込んで登ってくるサイクリストを見かけただけで、あとは車もハイカーも皆無。ずっと下った医王トンネルができる前の旧道が荒れ気味。三軒茶屋からの上りはどうなんだろう。

 

小矢部ICのサークルKで朝食。ここはイートインができたので、涼しくご飯が食べられる。一方、ながらくお世話になった埴生のファミマは閉店していた。r471から莇谷経由の定番コースで津幡へ。そんなに暑くはなかったが、登り主体で3時間しっかり乗ると身体の芯から暖まるね。一歩過ぎれば熱中症なんだろうけど、こんな練習はジテ通ではできないなあ。

www.relive.cc

 

5:30起床 タイム頭打ち コンビニプロテイン

f:id:cyclist_matta:20170707113122j:image

手抜きの朝食の準備後、少々お勉強。21世紀の教科書は確かにわかりやすいが、なぜか頭に残らない。これは私の脳の老化によるものだろうけど。さわやかな梅雨の晴れ間。梅雨前線は依然、九州北部から関東地方まで居座っているようで、大雨による大きな被害も出ているようだ。こちらも日曜には前線北上によりまた雨がやってきそうな予報。この晴れ間に乗っておかないと。達成者にはもれなくご褒美がでるRapha Risingも久々に始まったし。

迷わずもう定番通勤コースの角間、二俣からR359へのコースに向かう。角間のピークを過ぎればあとは車のプレッシャーも少ない旧ゴミ焼の旧道で気持ちよく走れる。しかし、1月前までぐんぐん伸びていた各セグメントのタイムは頭打ち。Fitness & Freshnessも上がっているし、行けばいけそうな気もするが一人では心理的につらいだけのTTは気が重い。

今朝は空気の透明度も高いようで、太陽光線を恐れて久々に緑豊かな松根経由でショートカットすることにする。滑り止めの亀甲舗装がたまに傷だけど、登りに限られるし車も少ないし空気もおいしい癒しのルートだ。今日は財布を忘れてしまって近所のスーパのお買い得品が買えない。スマホはあるので、QuickPayでコンビニから調達しよう。当初、iPhone電子マネーSuicaの公私切り替えにストレスあったけど、QuickPay導入のおかげで、公はSuica、私はQuickPayで分かりやすくなってとても重宝している。

今日は、以前から気になっていたコンビニプロテインプロテインは自転車乗り始めた頃に、大袋2袋ほど飲み切ったところで、面倒になってやめた。コンビにあれば手軽だ。しばらく飲んでみてこのプラトー状態から脱したいものだね。

 

Bike Ride Profile | ◯朝ライド+P:ジテ通 山寄 松根経由で near | Times and Records | Strava

5:30起床 函館山トレラン


www.relive.cc
女房殿を連れて、久々に北海道にやってきた。2004年のツールド北海道の市民レース以来だから13年ぶり。昨日は、学生時代の旧友と食事したり、療養している友達を見舞ったり、お世話になった下宿の大家さんにも会ってきた。今朝は、函館山へ自力で上るつもりで何とか早起き。普通に上るつもりだったが、昨晩会ったランナーでもあり、トライアスリートでもある友人によれば函館山津軽海峡側にぐるっと回ってこれるおすすめルートがあるらしい。7:00前に登山口前をスタート。友人の見積もりでは2時間。ホテルの名物バイキングの入場制限時刻は9:30。

函館山には車やロープーウエイで何度か上がったが、自足で上がるのは初めて。ただ、標高は333mでそんなに高くない。登山口にあった地図はわかりやすかったし、なんとかなるだろうとスタートしたけど御多分に漏れず小さな失敗は何度かあった。軌道修正しながらなんとか緑あふれる眺望が豊かなコースで山頂展望台に立つ。しかし、名物バイキングを口にするまで安閑とはしていられない。女房殿に初めての函館山を満喫させてやりたかったが、尻を叩いて下山開始。というのは、下り巧者の女房殿に比べて下りビビりの私が律速段階になるのが心配だったから(汗)結果、最後は下りの日陰で汗も引いてシャワー不要で、余裕でバイキングに間に合った。お客もピークアウトなようで、ゆっくりたらふくおいしい朝食を満喫。

今年のツールド北海道はこの函館山の山頂ゴールらしい。帰りの飛行機の持ち物検査にうっかり先日けがをして常用しているドレッシング材カット用のビクトリノクスを持ち込んでしまって没収。お客さんにもらった記念の品だったのに。思い出や未練は断ち切って前に進めということなのかもしれないね。

函館山

函館山とは編集

5:00起床 久々のグループライド

f:id:cyclist_matta:20170603170034j:plain
(提供:takadaさん)
今年初めての80km越え。50㎞越えも初めてかも。しかし、日々ジテ通で鍛えているつもりなので不安はない。今朝は実家ご近所のtakada町会長お声がけのもと、7人が集まった。メンバーはtakada町会長、常連のN村さん、I村さん、一緒に走るのは初めてのK渕さんに初対面のK嶋さん、K藤さんと私の都合7人。久々のグループライドでとても楽しみ。しかも、いつも担いでいるザックもないので身軽なうえに、カーボンバイクでさらに身軽だ。

出だしは寒くて長袖ジャージでも肌寒く感じたが距離を稼ぐにつれてそんなこと忘れてしまって、ショートのボトルに入れてきた水は半分も消化しなかった。ログを見ると山間部は11℃から13℃。やはり寒かった模様だが、みんなで引っ張りあったり、必死についていたら平気だった。こんな日はこれから稀なんだろうな。コースは定番の宝達一周。ピークに向けて走れているtakadaさん、I村さんが先行するのは予想通りだったけど、K渕さんが力強い走りでこの二人についていく。私も必死につくべきだったかもしれないが最後まで垂れずに走りたいので、3人が見える範囲にだけはくっついて走った。

結果、要所要所のセクションはガーミンでログを取り始めて以来のPRを重ねて自社比でいい走りができた模様。先日の温泉ライダーの落車で傷ついたN村さんは、いつもの強さが感じられないのが気の毒。お初のK藤さんは若干遅れ遅れだったけど、まだ走りだして2年。素早く回せる足があって成長がとても楽しみ。そして私はほぼベストタイムの3時間ちょっとで1周完了してこれまた久しぶりの朝マック。K藤さんはグルテンフリーを実践していてとても調子がいいそうな。私の糖質制限はいったいどうなってしまったことだろう(汗)

Bike Ride Profile | ◻︎朝ライド:takada町会長と宝達一周 near Japan | Times and Records | Strava

5:00起床 初町内会活動 久しぶりの10kmラン

f:id:cyclist_matta:20170529113012j:image

週末ではあるがいつも通り早起きして朝食の準備をする。今朝は肌寒くて冷たい雨も来そうな空模様。温泉ライダーに参加している自転車仲間が心配でキッチン向かいの窓に何度も目を向ける。今日は、新住所に移って初めての町内会活動。なんと7時集合。集合場所の近所の中学校は小走りで5分ぐらいか。朝食をかきこんで家を出る。体育部長をはじめ5名程度が集まって準備開始。まったく事前情報がなかったので何をしたらいいのか不明。どうやら、町会対抗のバレーボール大会のようだ。バレーと言っても中高生のころに慣れ親しんだバレーではなく、トリムバレーというやわらかめのボールを使用。なるほど、これなら突き指もしないし、当たってもいたくないだろう。バレーはサーブだけは自信があって参加できたら得意のドライブサーブで得点しまくるつもりだったけど、うちの町会からは参加はなし。対象となる校区内には34町会あるが、出場は7町会?のみ。ゆるいリクリエーションと想像していたけど、しっかりスコアを取って副審はもちろん、線審も4人いる9人制のしっかりした大会だ。

 

限定総当たりな予選を行ってその勝率に従って上位2チームを決定。決勝戦を行う。どうも世話を行う役員の中にもこの大会の常連がいて、練習指導はもちろん、ローテーションを紙に書いてチェックしている。かつてはどのくらいの町会がこの大会に参加していたんだろうか。今は3面とれそうな体育館も試合は1面だけ。高齢化や住民の町内会への無関心が手伝って参加チームが減少していったのだろうか。そのような勝手な想像とは真逆の大会雰囲気なことに気づかされた。試合は白熱。先週最後にした実家の町会の運動会とは質の違う競技としての心地よい厳しさがある。また、各チームにはバレーボールに腕に覚えあるリーダが必ずいて、チームを引っ張るそのやり方も様々で面白い。決勝は常連の町会の様で見ごたえのあるフルセットの試合だった。後片付けをして、お弁当をいただいて帰る。次回はグランドゴルフのお世話。写真は、試合待ちの退屈しのぎの囲碁ボール。5目並べのゲートボール版だがカーリングの要素もあって真剣にやれば面白いと思う。

 

帰宅して、少し仕事をして、夕飯のカレーを作りながら読書していたらもう夕方。久々にランでもするかと近所の河川敷に出る。深く茂った芝生が足に心地よい。次第に調子が出てきて、舗装面ではキロ5分ペースで刻んだところで、足に合わないゲルフジ5の中で足に痛み。しかし、芝生に入ると気持ちよい。夕方の虫の大群には閉口したが、結構これに耐えて走る人も多いのね。帰宅後同様にランに出たという家内とは川を挟んですれ違った模様(笑)

Run Profile | 〇夕ラン:ひさびさの犀川ペース走 虫がいっぱい^^; near | Times and Records | Strava

 

 

5:00起床 ホクレン

f:id:cyclist_matta:20170404175847j:plain
(提供:まっさん)
起きだしは暗いが、自転車で出るころはもう明るい。ライトは点滅モードに切り替え。すぐに同じ朝練に向かうアミちゃんと鉢合わせ。アミちゃんも同じ感想を抱いたようだ。集合場所には5分前に到着。ちょっと暖かくなったとは言え、まったく身体が動かないのでちょっとアップ。今年初めてのホクレンのはずなんだけど、2週前から有志が集まって始めていたらしい。頼もしいねえ。参加は、Tプロ、アミちゃん、パンちゃん、ヨッシーさん、N村君、T田さん、まっさんとお初のA木さん。I野さんは合流できず。残念。あのカーブから集団が飛び出してくれば誰だって追いつけそうにない。エースN川さんは夜勤でお休み。

1周目抑え気味だったけど、堤防ストレートで後退時にシフトミスでもう気持ちも足も切れてしまう。ショートカットして宇ノ気に向かうストレートで合流。2周目の堤防ストレートでまた切れて3周目は、ショートカットしても待たずに単独で先行してみる。みんなと走って活が入ったか一人で30キロ中盤でも平気。長くはもたないが。やはり、ハイスピードの練習が一番効くね。ちまちま通勤ライドしてても速くはなれない。無理をしてもいけないので徐々にだな。しかし、日中とにかくおなかが減って、久しぶりにコンビニで唐揚げとシュークリームを買い食い。もうロカボ生活には程遠いなあ。
Bike Ride Profile | ◻︎朝ライド:ホクレン 半分ぐらい参加(^_^;) near Japan | Times and Records | Strava