読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webと自転車のはざまで

自転車と仕事を愛する男、mattaの日記のようなものです。

7:00起床 氷見グルメファーストライド【111】km

f:id:cyclist_matta:20150228204439j:plain:w150f:id:cyclist_matta:20150228204500j:plain:w150f:id:cyclist_matta:20150228204517j:plain:w150
快晴の土曜日。朝練行くつもりが目覚ましを止めてしまって気が付いたら7時。しかし、これが幸いしてコナさんから誘ってもらった氷見ライドに合流できた。お久しぶりのウメさんも一緒。10時頃に森本で合流して3人でオヤジ朝練コースで富山方面へ。やわめでのつもりがついつい力が入ってシーズン中の朝練モードの9割ぐらいの負荷。これが延々終盤まで続く。平地でのローテーションは何とか参加できるがのぼりに入るといつものごとく馬脚を現す。でも、PowerCalの出力見ても悪くはない。結局宝達で2人からはぐれるまでは215W平均。私が遅いだけじゃなくて2人が走れているのだ。そう考えよう。でも悔しい。

立ち寄った小矢部の人気パン屋さん福十は一段とうまくなっていた。特にイチゴとブルベリーのデニッシュは絶品。持ち帰ったアンパンも家人に好評。昼食時は氷見の新しい複合飲食施設ひみ番屋街へ。月末の土曜にも関わらず、駐車場はほぼ満杯。番屋街も押すな押すなのお客さん。ここで氷見牛野菜カレーをいただいく。絶妙の辛さでとてもおいしい。牛も野菜もたくさん入っていた。おなかを満たしたところで氷見からは定番の久目街道-k300-羽咋広域農道へ。広域農道に入ったところで完全に二人から遅れる。だが、テンションだけは保っていて自社比で悪くない走りであったことは縷々述べてきたとおり。

R471との交差点で、また小矢部にむかうと聞いたような気がして左折した。これが間違いで、二人は広域農道を山崎トンネルまで戻って捜索してくれたそうな。申し訳ないです。(汗)ここからテンション落として走っていると全くお腹が空いていないことに気が付いた。ライド中に食べたのは小矢部の小さなデニッシュ2つと氷見の普通盛りのカレーだけ。以前ならゼリーやら羊羹を大量に消費していただろう負荷であってでもある。1月半続けてきたローカーボ生活が低燃費な身体を作り上げたのか。水も結局500㏄のエビアンだけだった。これが趣味の自転車乗りとして奏功するかはまだわからないが、何か変わるきっかけになれば面白いとも思う。