読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webと自転車のはざまで

自転車と仕事を愛する男、mattaの日記のようなものです。

6:00起床 能登和倉万葉の里マラソン 10km

(撮影:43zさん)
昨日、前日受付したのでスタートの11:00までに和倉につければよい。のんびり準備して電車に乗って和倉温泉についたのが10:00。昨年の凍りつくような天気と対照的に和倉温泉駅から会場まで歩いていると汗ばんでくる。すでにフルマラソンはスタートしてしまったようで会場はちょっと落ち着いていた。今年のカキ焼き会場はずいぶん駅より。手前の男子更衣室に入っていくとドロタボウジャージが目に入る。ジャージの主のF山さんはランの大会は初めてのご様子。気温がどんどん上がっているのでウエアの選定に迷った。結局、冬用のアンダー1枚で行くことに。

軽くアップをしてみるが、パンちゃんに引いてもらったばかりとはいえ、やはり昨日の受付ライドのダメージ大きくて足があまり上がらない。でも、今朝寝起きに感じたひざ痛が出ないのでちょいと安心。今日はのんびりランニングを楽しむことに徹しよう。スタートは後方に並んでいるF山さんと一緒についた。写真を撮ってもらったりおしゃべりしているうち、ほどなくしてスタート。しかし、2000人以上の大集団の後方は1分以上の時間差が付いただろうかようやく動き出す。ランナーの波にもまれながらすいすい上がっていくF山さんを追って前に前に。初め唯一ののぼりを終えて下り切ったところでようやく自分のペースで走り出すことができた。

初め足は重いもの。ようやく3km地点を過ぎて調子も上がってきた。まだ後方にいるらしくて大方前走のひとをパスできるポジション。これが終盤7km過ぎまで続いた。だから、気持ち良くてログを見るとキロ5分を切るペースで走っていた模様。後方スタートも悪くない。また、自転車で金沢から応援に来てくれた43zさんカップルや86さんの声援もありがたかった。(コロちゃんも来てくれていたみたい)お知り合いを見つけて声をかけたり折り返しで対面での声掛けも楽しかった。毎年、悩まされる向かい風もほとんど追い風基調で、苦しい冷たい和倉マラソンの印象が一転した。ゴール間際もタイムは気にしていないので特に苦しむことなく、とはいっても走りは抜くことはなく、最後まで気持ちいいペースで走り抜けたと思う。グロスのタイムは53分ちょっと。ネットで52分を切るぐらいだろうか。

今年はF山さんがご一緒してくれてなおかつ、暖かいのでカキ焼きが楽しめた。私は電車で来たのでビールもいただく。自転車はもちろんランの大会を通じても車無しで参加したことがなかったが、帰りの眠気を心配せずにいられることはストレスフリーでとてもよかった。和倉は温泉も楽しめるし来年からもこれで行こう。お天気に恵まれて昨日自転車、今日ランと2日楽しめた。昨日のパンちゃん、今日のF山さんにはとても感謝しています。